ごあいさつ

 檜原村は東京の西に位置しています。東京都の内陸部では唯一の村です。 
村は東西約14km、南北10km、周囲を急峻な山嶺に囲まれ、村の大半が
秩父多摩甲斐国立公園に含まれています。
 村の中央を標高900mから1,000mの尾根が東西に走っています。尾根の
両側に南北秋川が流れています。村の総面積の93%が山林で平坦地は少なく、
川沿いに集落が点在しています。

 檜原診療所は檜原村唯一の医療機関です。
平成11年4月に村内に3ヶ所あった診療所を統合し、在宅介護支援センター、
高齢者在宅サービスセンター、老人福祉センター、保健センター、福祉作業所、
児童館を併せた複合施設『檜原村やすらぎの里』として生まれかわりました。

 檜原村の人口は平成25年9月現在、2,490人です。ここ数年は年間50-100人単位で減少し続けています。65歳以上の高齢者の比率は40%を超え、他の山村と同じく過疎と高齢化に 悩まされています。
 檜原診療所はこのような村の情勢に対応し、地域のかかりつけ医として機能していけるよう努力しております。


                   戻る