檜原村では、これまで利用されていなかった木質資源(木材)を、木質バイオマス燃料(薪)として利用する取り組みを進めています。
木質資源をエネルギーとして利用することで、化石燃料(灯油や重油など)を減らすことができ、二酸化炭素の排出を抑えられるため、温暖化防止につながります。
また薪を利用することで、災害時にエネルギーを確保することができます。
村内にある豊富な資源を有効に利用して、森林整備を進め、林業を活性化させ、村内で働く人を増やすことにもつなげていきます。 村で今、どんな取り組みを行っているのかご案内します。
薪利用の流れ取組みの経緯