ページの先頭です
メニューの終端です。

介護予防・日常生活支援総合事業について

[2018年4月4日]

ID:470

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

概要

介護保険法改正に伴い、これまで市町村が実施してきた「介護予防事業」は見直され、介護予防給付のうち、「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」について、全国一律の基準に基づくサービスから、地域の実情に応じて市町村が効果的かつ効率的に実施することができる「介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」といいます。)に移行しました。檜原村では、平成29年4月1日から順次移行しております。

総合事業は「訪問型サービス」と「通所型サービス」からなる「介護予防・生活支援サービス事業」と、全ての高齢者を対象に住民主体の介護予防に資する居場所づくりを充実させていく「一般介護予防事業」で構成されます。

詳しくは厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)をご確認ください。

なお、介護事業者を対象に実施しております説明会の資料は、このページの最下部にございますのでご確認ください。

介護予防・生活支援サービス事業

現行の介護予防訪問介護と介護予防通所介護に相当するサービス事業を実施します。

  • 訪問型サービス(第1号訪問事業)
  • 通所型サービス(第1号通所事業)

介護予防・生活支援サービスの対象者

要支援認定を受けた方並びに基本チェックリストにより事業対象者と認定された方

一般介護予防事業

要支援や事業対象者と認定されなかった方は一般介護予防事業に参加いただけます。一般介護予防事業は、65歳以上の全ての高齢者を対象としています。檜原村では、健康寿命を延ばし、高齢者が活躍できる地域社会を形成するため、介護予防体操の実施等、地域での活動を支援いたします。

一般介護予防事業の対象者

65歳以上のすべての高齢者

介護予防ケアマネジメント

要支援者または事業対象者が介護予防・生活支援サービスのみを利用する場合、介護予防支援と同様に地域包括支援センター等がケアプランの作成やサービス事業所との連絡・調整などを行います。利用者に対して、状況に応じて、その選択に基づき、適切な事業が効率的に提供されるよう、専門的視点から必要な援助を行います。

介護予防ケアマネジメントの実施方法は別のページに掲載しております。詳しくは「介護予防ケアマネジメントについて」(別ウインドウで開く)をご覧ください。

事業者指定の手続きについて

訪問型サービス及び通所型サービスにおける「みなし指定」の有効期間は平成30年3月31日をもちまして終了しました。

総合事業の指定に関わる各種申請書類が必要な方は福祉けんこう課までご連絡ください。

サービスコード

【A2】通所型サービスコード表(平成30年4月1日~)

【A6】通所型サービスコード表(平成30年4月1日~)

総合事業単位数表マスタ(平成30年4月1日~)

各種資料

平成28年12月13日介護事業所連絡会資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

檜原村 福祉けんこう課 福祉係(檜原村やすらぎの里内)

電話: 042-598-3121(代表)

ファクス: 042-598-1263

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

組織内ジャンル

福祉けんこう課 福祉係(檜原村やすらぎの里内)