ページの先頭です
メニューの終端です。

保育園について

[2017年3月2日]

ID:425

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

保育園

保育園は、ご両親が働いていたり病気で入院しているなどの理由で家庭で子供の保育ができない場合に、お子さんを預かり保育する施設です。

入所の基準

保育所へ入所できる基準は、両親(児童が両親と別居している場合には、現在児童の面倒を実際にみている者)が「保育の必要性の基準」の表(1)から(12)までに掲げるいずれかに該当し、両親以外の同居している親族等が児童の保育をできない場合に限られます。


以下のような場合は入所できない場合がありますので、あらかじめご承知ください。

(1)保育所へ入所できる基準に該当しないために入所を認められない場合

(2)希望者が多数いるため希望の保育所へ入所できない場合

(3)保育の必要性の基準の該当事由により保育の実施期間の希望に添えない場合



保育の必要性の基準表

 

保育の必要性の基準

 

 保育所へ入所できる児童は、両親いずれも(両親と別居している場合には児童の面倒をみている者)が次のいずれかの事情にある場合です。

 

(1)1月において、48時間以上労働することを常態とすること。

 

(2)妊娠中であるかまたは出産後間がないこと。

 

(3)疾病にかかり、若しくは負傷し、または精神若しくは身体に障害を有していること。

 

(4)同居の親族(長期間入院等をしている親族を含む。)を常時介護または看護している

こと。

 

(5)震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。

 

(6)求職活動(起業の準備を含む。)を継続的に行っていること。

 

(7)学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校、同法第124条に規定する専修学校、同法第134条第1項に規定する各種学校その他これらに準ずる教育施設に在学していること。

 

(8)職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)第15条の6第3項に規定する公共職業能力開発施設において行う職業訓練若しくは同法第27条第1項に規定する職業能力開発総合大学校において行う同項に規定する指導員訓練若しくは職業訓練または職業訓練の実施等による特定求職者の就職の支援に関する法律(平成23年法律第47号)第4条第2項に規定する認定職業訓練その他の職業訓練を受けていること。

 

(9)児童虐待の防止等に関する法律(平成12年法律第82号)第2条に規定する児童虐待を行っている、または再び行われるおそれがあると認められること。

 

(10)配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(平成13年法律第31号)第1条に規定する配偶者からの暴力により小学校就学前の子どもの保育を行うことが困難であると認められること(前号に該当する場合を除く。)。

 

(11)育児休業をする場合であって、当該保護者の当該育児休業に係る子ども以外の小学校就学前子どもが特定教育・保育施設または特定地域型保育事業(以下この号において「特定教育・保育施設等」という。)を利用しており、当該育児休業の間に当該特定教育・保育施設等を引き続き利用することが必要であると認められること。

 

(12)前各号に類するものとして村長が認める事由に該当すること。

入所までの流れ

1.「支給認定申請書兼保育所利用申込書」を提出する
      
2.「支給認定証・入所決定通知・保育料決定通知書」が届く
      
3. 保育園の園長と面接をし、保育内容について相談をする
      
4.保育園への預入開始

保育料

保育料の基準表

階層区分

所得額による階層区分の定義

月額保育料

3歳未満児

(3号認定)

3歳以上児

(2号認定)

保育標準時間

(保育短時間)

保育標準時間

(保育短時間)

1

生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護者(単給を含む)

0円

0円

2

1階層を除き市町村民税非課税世帯

0円

0円

3

1階層を除き市町村民税所得割が課税世帯であって、その額が次の区分に該当する世帯。

16,200円未満

5,000円

(4,900円)

3,700円

(3,600円)

4

16,200円以上32,400円未満

5,500円

(5,400円)

4,200円

(4,100円)

5

32,400円以上48,600円未満

6,200円

(6,000円)

4,800円

(4,700円)

6

48,600円以上52,000円未満

6,700円

(6,500円)

5,700円

(5,600円)

7

52,000円以上58,000円未満

7,700円

(7,500円)

6,700円

(6,500円)

8

58,000円以上67,000円未満

9,000円

(8,800円)

8,200円

(8,000円)

9

67,000円以上79,000円未満

13,200円

(12,900円)

11,100円

(10,900円)

10

79,000円以上97,000円未満

17,000円

(16,700円)

14,100円

(13,800円)

11

97,000円以上115,000円未満

21,300円

(20,900円)

17,200円

(16,900円)

12

115,000円以上133,000円未満

25,600円

(25,100円)

19,000円

(18,600円)

13

133,000円以上151,000円未満

28,000円

(27,500円)

19,800円

(19,400円)

14

151,000円以上169,000円未満

30,500円

(29,900円)

20,300円

(19,900円)

15

169,000円以上187,000円未満

33,000円

(32,400円)

20,900円

(20,500円)

16

187,000円以上205,000円未満

35,000円

(34,400円)

21,400円

(21,000円)

17

205,000円以上247,000円未満

36,500円

(35,800円)

21,900円

(21,500円)

18

247,000円以上301,000円未満

37,700円

(37,000円)

22,500円

(22,100円)

19

301,000円以上397,000円未満

38,900円

(38,200円)

23,100円

(22,700円)

20

397,000円以上

40,100円

(39,400円)

23,700円

(23,200円)

備考

1 「3歳未満児」とは、法第24条第1項本文の規定による保育の実施をした日の属する年度の初日において3歳に達していない児童をいい、その児童が年度の途中で3歳に達した場合においても、その年度中に限り3歳未満児とみなすものとする。

2 同一世帯内の子どもで、18歳前までの子どもから数え2人目については2分の1、3人目以降については4分の1の保育料とする。

3 市町村民税の額の定義は、保育所運営費国庫負担金交付基準における市町村民税の額の規定を適用する。

4 保育料は9月から翌年8月まで同一とし、当該年度市町村民税の額に基づき算出するものとする。

村内の保育園

〈ひのはら保育園〉

〒190-0212 檜原村357番地

電話 042-598-0070

ファクス 042-598-1075

定員45名(平成28年11月現在)



お問い合わせ

檜原村 福祉けんこう課 福祉係(檜原村やすらぎの里内)

電話: 042-598-3121(代表)

ファクス: 042-598-1263

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

組織内ジャンル

福祉けんこう課 福祉係(檜原村やすらぎの里内)