ページの先頭です
メニューの終端です。

太神楽 -だいかぐら-

[2016年8月1日]

ID:118

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

昭和54年3月11日:東京都無形民俗文化財指定

  • 伝承地
     檜原村数馬(かずま)
  • 時期
     9月第2日曜日
太神楽の様子

数馬の九頭龍(くずりゅう)神社例祝日に五穀豊穣と繁栄を祈願して社前で演じられます。

太神楽の舞手は、1人ないし2人で一匹獅子を操り、囃子方は大太鼓・小太鼓・笛・鉦があります。
獅子は胴幕の中に2人が入って舞う「二人立ち」と、1人だけで舞う「一人立ち」があり、囃子方との掛け合いや、こっけい味を帯びた舞など独特の味わいがあります。

古くから上演されていましたが、明治中ごろには衰退の傾向があり、神奈川県藤沢市から師匠を招いて指導を受け復活し、現在にいたっています。

交通機関

JR五日市線 武蔵五日市駅よりバスになります。

「数馬(かずま)行き」に乗って約60分
終点の「数馬バス停」で下車してください。

お問い合わせ

檜原村 産業環境課 産業観光係

電話: 042-598-1011(代表)内線122、126、129、130

ファクス: 042-598-1009

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

組織内ジャンル

産業環境課 産業観光係